若返りの栄養素“レシチン”が美肌やダイエットに効果あり!

BM_Happy Family outdoor. Mother and daughter_90643748

若返りの栄養素“レシチン”が美肌やダイエットに効果あり!
みなさんレシチンという栄養素を聞いた事がありますか?

レシチンとは体内のあらゆる細胞に含まれている栄養素で、私たちの脳や臓器なども細胞から出来ているため、必要不可欠な成分なのです。このレシチンは女性に嬉しい美容・ダイエット効果があります。

BM_Omega 3 and 6_81257643

レシチンとは?

レシチンは脂質の一種で、自然界のすべての動植物の細胞内に存在しており、人間の身体を構成している約60兆個の細胞膜の主要構成成分であり、主に卵黄や大豆に含まれています。卵黄レシチンにはコリンが多く含まれ、大豆レシチンにはイノシトールが多く含まれています。大豆レシチンは血液中に長く滞在する事が出来る特徴を持つため、動脈硬化や、脳卒中、コレステロール値やダイエットに優れています。卵黄レシチンは脳機能改善の作用に効果があります。

BM_Lecithin-Softgels_64387550

ダイエットに効果的?!

レシチンは細胞内に溜まった老廃物をデトックスする作用があるため、悪玉コレステロールを取除き、中性脂肪を減らす役目があるのでダイエットには欠かせない成分です。

美容にも最適!

レシチンには乳化作用があり、コレステロールなどが排出されるため、顔や背中などに出来た醜いニキビなどを撃退する作用もあります。また細胞の老化を防止するため、アンチエイジングにも効果的で、ハリのある若々しい肌を保つ事ができます。またそばかすやシミなども改善する効果があります。

記憶力回復にも効果的!

レシチンは神経伝達物質のアセチルコリンを作る際にも必要とされている成分で、精神の安定を促進し、集中力や記憶力のアップや、学習効果の向上にもつながるため、育ち盛りのお子さんには是非摂取してほしい成分です。産後の母乳の出などにも効果がありますので、妊娠中や、産後のお母さんには是非試していただきたいです。更年期の方にもたっぷり取って頂きたい栄養素です。

レシチンが不足すると?

  • 免疫力が低下
  • 不眠
  • 動脈硬化・糖尿病
  • 高血圧
  • 記憶力の低下
  • 悪玉コレステロール
  • ニキビやそばかすなどが増える
  • 疲労

 

1日の摂取量の目安は3000mg〜6000mgですが、日本人の食品摂取量からのレシチン摂取量は平均1000mg程なため、レシチンを補うにはサプリメントと食生活で補うのが効率的です。

いかがでしょうか、体内に欠かせないレシチンを摂取して、健康な身体キープを心がけてみては如何でしょうか。


関連商品