究極の若返りトニック!アーユルヴェーダで最も貴重とされているハーブとは?

bm_sexy-young-couple-in-kitchen_124181662みなさん、「グドゥチ」と呼ばれるハーブをご存知でしょうか?インドのアーユルヴェーダで最も重要とされているハーブで、アンチエイジングや強壮作用があると言われています。また、多くの人が抱えている精神的や肉体的ストレスなどの改善も期待できると言われているマジカルハーブなのです。

グドゥチとは?

和名をイボツヅラフジと言い、東南アジアやインドでは最も有名で重要なハーブとして知られています。催淫作用がある媚薬としてや、免疫システムを高める働きがあるとされており、古くから若返りのトニックとして使用されてきました。

bm_ayurvedic-spa-massage-still-life_70868905

免疫力アップで病気知らず!

グドゥチの一番の特徴は免疫力を高めることが挙げられます。血液中の白血球を最善の状態に保つ働きがあります。グドゥチに含まれている抗酸化物質が元気を回復させることで、様々な病気から守ってくれる働きが期待できます。また、腎臓や肝臓から有害物質をデトックスさせて、活性酸素を体から排出させると言われています。様々な病気を引き起こすバクテリアなどの病原菌と戦うことで、肝臓病や膀胱炎などの予防・改善も期待できます。

ストレスに!

グドゥチには精神的な不安やトラウマ、肉体的な疲労からのストレスへの抵抗能力を高めることに期待ができると言われているアダプトゲン作用があると言われています。

気になるお肌のアンチエイジングに

若返りのトニックと言われているグドゥチは気になるお肌の老化のサインを解消できると言われています。成分に含まれている抗酸化物質がシミや、たるみ、シワ、小じわなどを改善し、お肌を甦らせて若々しいお肌がキープができると言われています。

その他、発熱や消化不良などの改善や、関節の痛みを和らげるためのハーブとしても古くから使われているようです。

アーユルヴェーダで最も重要とされている若返りトニックハーブ「グドゥチ」。みなさんも是非ためしてみてはいかがでしょうか。


関連商品