物忘れがひどくなったと感じる方に!記憶力を高めるヒューペリジンで学力アップも期待

ヒューペルジンAとは?

ヒューペルジンAはヒカゲノカズラ科に属するトウゲシバと言うシダ植物から抽出した天然由来の有機化合物です。中国では古くから腫れや発熱などの治療に用いられてきました。
臨床試験では、アルツハイマー病の治療に効果があることや、健康な若い学生を対象とした試験で、一回の学習において記憶力を増強させることが明らかにされているため、アメリカではヒューペルジンAが記憶支援のサプリメントとして使われています。

ヒューペルジンAの効果は?

ヒューペルジンAは脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンを守ることで記憶力をサポートすると言われています。つまり記憶力維持にはアセチルコリン濃度を高めておく必要があるのですが、アセチルコリンは酵素によって徐々に分解されていきます。ヒューペルジンAはこの酵素の働きを弱めて、アセチルコリン濃度が高い状態を持続させることができるのです。記憶には短期記憶と長期記憶がありますが、ヒューペルジンAは試験勉強のような短期記憶だけでなく、加齢により抜け落ちやすい長期記憶まで防ぐことが期待されています。さらに脳神経細胞(ニューロン)を保護する効果もあり、ストレス・酸化などの脳細胞を破壊する要因から脳を守ります。脳細胞の死滅を抑えることは、働き盛りで、ストレスの多い方にとっては特に重要でしょう。記憶の定着には欠かせないアセチルコリンについてもう少し詳しく説明していきます。

アセチルコリンって何?

アセチルコリンは脳だけでなく身体でも働いています。そしてその働きは脳と身体で異なります。

  • 脳への働き
    今まで書いてきた通り、アセチルコリンは記憶や注意、集中力に関係しています。まだ分かっていないことも多いですが、脳の細胞活動を高める作用もあります。ちなみにアルツハイマー型の認知症の方は、脳内のアセチルコリン濃度が低いことが分かっており、ヒューペルジンAがアルツハイマーへの特効薬として期待されています。実際に医療の現場でも認知症の治療薬として脳のアセチルコリンを増やす薬が使われています。
  •  身体への働き
    アセチルコリンは副交感神経(リラックスさせる方向に働く自律神経)を刺激する作用があります。つまり副交感神経に関わる様々な器官に影響を及ぼします。例えば、リラックスしているときは食べ物の消化は進むので、唾液の分泌促進、胃腸の働き促進、尿や便の排泄が促進されます。

以上のようにアセチルコリンは人間の生命活動には必須の物質であることがわかります。

こんな方におすすめ

  • 記憶・暗記することが多い学生
  • 知識量を増やす必要のあるサラリーマン
  • 以前よりも記憶力に不安がある方
  • 加齢による物忘れが気になる方

1日1錠お飲みください。妊娠  中、妊娠の可能性がある方、授乳中の方は摂取を避けてください。吐き気や下痢が起きた時は服用を中止してください。高血圧や心臓病、抗コリン薬(下痢止め、喘息薬など)を服用している方はヒューペルジンAが服用薬の効き目の邪魔をしてしまうことがあるので、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

Written By:薬剤師 メディカルライター 菊地友佳子
プロフィールはこちら→ http://ameblo.jp/supplest/


関連商品