妊娠中、妊活中の方必見!吸収力抜群の「5-メチルテトラヒドロ葉酸 (5-MTHF) 」サプリで効率よく葉酸を摂取しましょう

5-MTHFサプリとは

ビタミンB群の一種である葉酸は大きく分けるとポリグルタミン酸とモノグルタミン酸に分かれます。ポリグルタミン酸はブロッコリーやほうれん草、レバーなどの食品に含まれていて体内に入るとモノグルタミン酸に変換され生命活動に利用されます。しかしその変換までに約50%吸収が落ちると言われており食品からの摂取が難しいのが事実です。「5-メチルテトラヒドロ葉酸 (5-MTHF) 」サプリはモノグルタミン酸の一種なので、消化吸収率が約85%と高く、厚生労働省も「妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に400μg日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる」とモノグルタミン酸の摂取を推奨しています。妊娠、妊活中でない方でも240μg/日の摂取が推奨されています。

妊娠中は通常の倍近くの葉酸が消費される

葉酸は腸内細菌によって合成ができるので健康でバランスの良い食事が摂れている人なら不足することはほとんどありません。しかし、妊娠前〜妊娠初期は赤ちゃんをつくるための細胞分裂が活発に行われるので通常の倍近くの葉酸が消費されると言われています。
特に妊娠4週目〜7週目は赤ちゃんの脳や脊髄、内臓が作られる細胞分裂期間で十分な葉酸摂取が重要です。しかし受精、着床のタイミングを性格に把握する事は難しいので気づけば妊娠週目が過ぎていたということも多いです。
この期間に十分な葉酸がないと胎児の神経閉塞障害という先天性障害が起きる事があり、胎児の歩行・運動障害や知的障害、最悪の場合流産のリスクも上がります。そのため葉酸サプリは妊活中から飲み始めて、出産が終わるまで継続的に続けることをおすすめします。

葉酸の役割は幅広い

葉酸は妊娠中・妊活中以外でも大事な役割を果たしているビタミンです。

  • 成長期のお子様に
    成長や新陳代謝を正常に行うためにはDNAやRNAのような核酸が正確に機能する事が重要です。特に細胞分裂が盛んに行われる胎児や幼児期の発育には必須の栄養素と言えます。細胞の生まれ変わりに関わるビタミンなので、生まれ変わりが早い皮膚や口腔内は葉酸が不足することで炎症が起きやすく肌荒れや口内炎の原因にもなります。皮膚や粘膜の健康のためにも葉酸は大切です。
  • 貧血予防に
    葉酸は造血のビタミンとも呼ばれていて、ビタミンBとともに赤血球の合成に使われます。葉酸が不足すると赤血球をうまくつくる事ができず貧血の原因となります。鉄欠乏で起こる貧血と違って、酸素を運ぶ役割をしているヘモグロビンの量は足りていても貧血になってしまうことから悪性貧血と呼ばれています。体の成長に葉酸が使われる成長期の子供に比較的多く見られる症状です。
  • 動脈硬化予防に
    葉酸が不足すると血液中のホモシステインというアミノ酸が増える事が分かっていて、この濃度が高い人は動脈硬化などの血栓性の病気が多い事が1960年代の研究で明らかになりました。また、コラーゲンの質も落ちると言われていて、葉酸不足はシワやたるみの原因になる可能性があります。
  • お酒をよく飲む方に
    体内の葉酸のうち50%が肝臓に蓄積されています。肝臓は代謝や解毒、胆汁生成など様々な機能を持っているので、その肝細胞の再生をサポートしてくれる葉酸は大切です。過剰なアルコール摂取は肝臓に負担をかけ肝機能を低下させてしまいますが、その再生をサポートして、肝臓の機能を保ってくれるのが葉酸を不足させない事が大切です。

こんな方におすすめ

  • 妊娠中、または妊活をしている
  • 成長期のお子様がいる
  • 貧血気味
  • 肌荒れがきになる
  • お酒を飲む機会が多い

1日1〜2回1カプセルを摂取してください。葉酸はビタミンCやビタミンBと一緒に摂取すると体内で効率よく利用されるので、柑橘類やしじみなどの貝類、レバーなども意識して摂ることをおすすめします。貧血の原因は様々あるので、症状が長引いている方は一度病院での診察をおすすめします。

Written By:薬剤師 メディカルライター 菊地友佳子
プロフィールはこちら→ http://ameblo.jp/supplest/


関連商品