今注目のプロバイオティクスサプリメント!免疫力に大きく関わる善玉乳酸菌「ラクトバチルス乳酸菌サプリ」とは!?


ここ最近、腸と健康の関係が注目されています。腸は栄養の吸収と消化だけでなく体内で発生した不要物を排出するデドックス作用があります。この浄化作用が身体の免疫力を支えており、特に人間はその免疫機能の7割が腸に集中していると言われています。
腸内環境を整えるために大事なのが腸内細菌のバランスです。腸内には細菌が500兆〜1000兆個いると言われておりその種類は大きく分けて3種類です。

  1. 善玉菌: ビフィズス菌や乳酸菌など
    消化吸収やビタミン合成、免疫維持に重要な役割を担う細菌
  2. 悪玉菌: 大腸菌(有毒株)やブドウ球菌など
    ガス発生や腸内腐敗を引き起こす細菌
  3. 日和見菌: 大腸菌(無毒株)や連鎖球菌など
    健康である時は悪さをしないが免疫力が落ちると悪い働きをする細菌

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスは年齢や体調によって変わりますが、年齢を重ねると善玉菌が減り悪玉菌が増えることで病気や体調不良の元凶になると考えられています。つまり健康の増進、免疫力の維持には善玉菌優位の腸内環境にしておく事が必要です。

ラクトバチルス乳酸菌サプリメントとは?

ラクトバチルス乳酸菌サプリメントは善玉菌を増やして腸内環境を整え免疫力を維持するための善玉乳酸菌サプリメントです。整腸作用だけでなく花粉症などのアレルギー改善、歯周病や口臭などの口腔トラブル改善が期待できます。

ラクトバチルス乳酸菌をもう少し詳しく解説!

乳酸菌と聞いてまず連想するのはヨーグルトですが、ヨーグルトに含まれるのは動物性乳酸菌。これらは胃酸に弱く、生きたまま腸に届かないと言われています。これに対しラクトバチルスは植物性の乳酸菌。胃酸や塩分に強く、無酸素の状態でも生存可能なのが特徴です。生きたまま腸に到達し、大量の乳酸を作り出すことで悪玉菌の増殖を抑えます。もともと人の腸内にいる菌ですが、漬物や酒粕、味噌などの発酵食品の中にも多く含まれています。

今回紹介するサプリメントは3種類のラクトバチルス乳酸菌配合。それぞれの特徴と効果について説明します。

  • Lactobacillus plantarum (1カプセル中100億個)
    漬物に含まれる乳酸菌で胃酸にも強い耐性を保ちます。アレルギー改善作用がある事が確認されています。アレルギーの発症は、白血球の一つであるヘルパーT細胞の1型(Th1)と2型(Th2)のバランスが大きく関わっていると言われています。
    花粉症などのアレルギーはこのバランスが崩れTh2が優位になることでアレルギーの引き金となるIgE抗体が増えアレルギー症状が起こります。Lactobacillus plantarum にはIgE抗体の抑制とTh1とTh2のバランスを改善する効果があり、既にアレルギー症状の改善が報告されています。
  • Lactobacillus salivarius (1カプセル中40億個)
    口内フローラ(口腔内の細菌バランス)を整える善玉菌として知られています。口腔内の悪玉菌である歯周病の原因菌を抑制して歯周病予防、口臭予防が期待できます。
  • Lactobacillus rhamnosus (1カプセル中30億個)
    ラクトバチルスの中でも代表的な乳酸桿菌で、腸内で大量の乳酸を作り出すことで悪玉菌の増殖を抑え、整腸作用があります。
    オーストラリア・メルボルンにある研究所のタング教授は、この株と食物アレルギーの抑制の関連も指摘しています。ピーナッツアレルギーを罹患する子供は年々増加している中、ピーナッツのたんぱく質とこの乳酸菌を一緒に18ヶ月摂取したところ8割の子供がピーナッツアレルギーへの耐性を維持したそうです。

こんな方におすすめ

  • 腸内環境を整えたい
  • 免疫力を向上させたい
  • 花粉症などのアレルギー症状が年々強まっている
  • 歯周病や口臭が気になる

1回1カプセルを1日1〜3回、空腹時に摂取してください。植物由来の乳酸菌で自然に近い状態で作られています。しっかり蓋をしめ冷蔵庫に保存してください。多量の摂取で軟便になることもあるので少量からお試しください。

 

Written By:薬剤師 メディカルライター 菊地友佳子
プロフィールはこちら→ http://ameblo.jp/supplest/


関連商品