乾燥が進む秋冬のスキンケアに!導入液としても使える上級者テクニックをご紹介!


夏のじと〜っとした気候が終わり、本格的な秋から冬を迎えようとしています。空気もどんどんと乾燥が進み、乾燥肌対策がマストになる季節がやって来ました。化粧水をつけても、なんだか保湿がうまくできないという方も多いのではないでしょうか?そんな方にオススメの、導入液としても使えるフェイシャルオイルが冬の乾燥肌対策に欠かせないスキンアイテムなのです。保湿はもちろんのこと、導入液としても使えたり、ツヤ肌を作ってくれたりする万能アイテムとして注目されています。

ローズヒップオイルが乾燥肌対策には欠かせない!

ビタミンCが豊富なローズヒップオイルはビタミンCの爆弾と称されるほど、アンチエイジング対策に欠かせないフェイシャルオイルなのです。非常に高い美容作用のあるオイルとして人気を集めています。

ローズヒップオイルって?

ローズヒップ は、バラ科バラ属の植物の果実で、バラの花が咲いた後の実から抽出されたオイルです。栄養素が非常に高く、女性のありとあらゆる悩みを解決してくれる万能オイルとして知られています。オメガ3、オメガ6、オメガ9、ビタミンC、βカロチンを豊富に含んでいます。

お肌の潤いに!

ローズヒップオイルは保湿作用に非常に優れており、毛穴を詰まらせることなく、サラッとお肌に馴染んで浸透して、お肌に潤いを与えてくれます。お肌の皮脂のバランスを整えて、トラブル肌も解決してくれます。

アンチエイジング対策に!

ローズヒップオイルに含まれているオメガ酸脂肪酸はお肌の肌代謝を促進させて、ハリや弾力を維持してくれるので、小じわやしわ対策に非常にオススメのフェイシャルオイルです。

導入液としても

洗顔後、化粧水をつける前にお肌につけるとお肌が柔くなることで、化粧水を浸透しやすくしてくれます。また、いつものリキッドファンデーションに数滴混ぜることでツヤ肌メイクを完成させることが可能です。

秋冬の万能オイル「ローズヒップオイル」。皆さんも是非試してみてはいかがでしょうか?


関連商品