ローカーボで、ダイエットが期待!アンチエイジングにも◎なパイに良く使われる食材とは?

みなさんピーカンをご存知でしょうか。なかなか日本では食べる機会が少ないと思いますが、ピーカンはアメリカが原産国のナッツの仲間です。ピーカンパイはどこのスーパーでも売っている人気食品です。実はピーカンは抗酸化物質が豊富に含まれており、アンチエイジングに良いとされています。このピーカンをローストして抽出されたピーカンオイルはほんのりとナッツの香りがして、どんなお料理とも相性抜群なんです。

ピーカンとは?

北アメリカ大陸中南部原産の、クルミ科の落葉高木。クルミと味がとても似ています。食物繊維やビタミン、オレイン酸などの良質な脂質である不飽和脂肪酸を含んでいます。

ピーカンの栄養成分

ピーカンの栄養素は数あるナッツの中でもトップクラスを誇り、アメリカの抗酸化物質を多く含む食品のトップ20にも選ばれたことのある優秀な食品なのです。

  • ビタミン
    B1, B2, B3, B5, B6, E, K
  • ミネラル
    鉄、マグネシウム、マンガン、リン、ポタシウム、カルシウム、亜鉛
    その他にも食物繊維やγ(ガンマ)トコフェロールが含まれています。

ピーカンの効果は?

  • アンチエイジングに!
    トップ20のアンチエイジング力を持つピーカンは体内の脂質の酸化を防ぐことで、コラーゲンへのダメージを最小にしてくれるため、お肌のハリや弾力を保つことで、シワやたるみを防いでくれます。また脂質の主成分であるオレイン酸も皮膚を柔らかくしてくれるので、角質のごわつきや乾燥などを改善して、気になる小じわの解消にも働きかけると言われています。
  • ダイエットサポートに!
    ピーカンは高脂質の食材ですが、低糖質のため、糖質制限をしている人には最適の食材です。また不溶性食物繊維も多く含まれているため、腸の中で膨らんで、腸壁を刺激することで腸内の老廃物や有害物質を体から便として排出してくれます。

調理法は?

ピーカンオイルはバターやオリーブオイルの代わりとして使用可能です。ピーカンオイルは熱しても大丈夫なので、いつものクッキングオイルの代わりとして使用ください。

スキンやヘアケアにも

亜鉛や葉酸、ビタミンEなどお肌や髪を健やかに保つ成分をたっぷり含んでいるので、気になる小じわに直接塗るのも◎。もしくは普段使用しているフェイスクリームやボディローションにプラスしてみてください。マッサージオイルとしても使用していただけます。髪につける場合は、乾燥やダメージが特に気になる人は頭皮や髪の先につけて数時間もしくは一晩置いてから通常通りシャンプーとトリートメントをしてください。いつものシャンプーやトリートメントにプラスする方法でもオッケーです。

アンチエイジングが内側からも外側からもできるピーカンオイル、みなさんも生活スタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。


関連商品