ビールのあの成分が凄い!イライラを改善すると同時に、気になるお腹周りの中性脂肪をカット!

bm_beautiful-woman-drinking-dark-beer-outdoor-closeup-portrait_56588895ビール好きにはたまらないあの独特の香りや苦味、泡立ちですが、これはビールの原料として使用されているホップと呼ばれる毬花の成分から生まれるものなのです。実は、このホップは薬用のハーブとしても非常に優秀でイライラを解消したり、ダイエット作用もあるとして非常に人気が高いサプリメントです。

ホップとは?

アサ科の多年草つる性植物で、雄株と雌株が別々に存在しており、受精してしまうと独特の苦味や香りが劣ってしまうため、未受精の雌株のホップのみをビールの原料やハーブとして使用されています。リラックス作用をもたらし、女性特有のイライラを解消したり、近年ではダイエットが期待できると注目されている成分です。bm_hop-in-a-burlap-bag-on-wooden-background_37284596

ホップの効果とは?

  • リラックス作用
    ホップは鎮静作用があるため、神経に働きかけイライラや不安などを解消することで、リラックス効果が期待できます。アーユルヴェーダでも古くから不眠の薬として用いられてきました。
  • ダイエットに
    ビール独特の苦味成分であるイソフムロンには脂肪の代謝を促進させたり、コレステロールや中性脂肪の蓄積を抑制することで、気になるお腹周りのお肉を減らしてダイエット効果を発揮するのです。また、善玉コレステロールを増加させることで、動脈硬化などの生活習慣病の予防も期待できるそうです。
  • 女性特有のお悩みを解消
    ホップには女性ホルモンと同様の働きをする フィストロゲンが含まれているため、女性ホルモンのバランスを整える事で、生理前のイライラであるPMSや更年期特有の症状、肩こりや手足の冷え、肌荒れなどの悩みを改善することが期待できるのです。
  • 不眠症でお悩みの方に
    神経に働きかける鎮静作用のあるホップは、イライラや不安を解消してくれるために、不眠症の改善が期待できると古くから不眠治療として使用されてきたハーブです。

女性のためのハーブとして人気の高いホップでみなさんもストレスを解消して快眠と痩せ体質をゲットしてみませんか。


関連商品