ダイエットの最大の天敵とは?

Tea夏が近づくにつれて、ダイエットをする方がたくさんいらっしゃると思いますが、このダイエットの一番の天敵って一体なんでしょうか?

甘いもの?それともジャンクフードやカロリーたっぷりの食べ物?実はダイエットの最大の的はストレスなのです。

最近のペンシルベニア州立大学での研究で、ストレスを感じることによって、身体の炎症のレベルを増加させていることがわかりました。炎症とは直接肥満に結びつくもので、また糖尿病や心臓病、ガンなどの重い病気の原因にもなるのです。
不安を抱えている時や、ストレスを抱えている時に、コルチゾールと呼ばれる,別名“お腹の脂肪ホルモン”が分泌されるのです。またストレスを抱えている時こそ、睡眠を妨げ、夜食のお菓子などの悪いチョイスをしてしまいがちになるそうです。

ストレスは避けられないものですが、日頃に抱えているストレスとどう向き合うかで、ダイエットの効果も変化してきます。

ダイエットと合わせて、ストレス防止にオススメのお茶がいくつかありますので、こちらのお茶を飲んで、減量成功へと結びつけてみてはいかがでしょうか。

セイヨウカノコソウ茶

セイヨウカノコソウ

ルイボスティー

ルイボスティー

パッションフラワーティー

パッションフラワー

 

  1. セイヨウカノコソウ茶
    吉草根と呼ばれるオミナエシ科カノコソウ属のハーブ。GABA(ギャバ)と呼ばれる成分が精神をリサックスさせてくれます。不眠症・不安/心配・ヒステリーなどの症状に効果があるとされているお茶です。肩こりや緊張の際に起きる腹痛・胃痛、または生理痛などにも効果があります。
  2. ルイボスティー
    南アフリカで発のお茶で、日本でも最近人気を集めています。最大の特徴はアンチエイジングの最大の敵である“活性化酸素”を除去する酵素が含まれており、ストレスのイライラを減らして、快眠へと導いてくれます。その他にも美肌や加齢臭などにも効果を発揮します。
    パッションフラワーティー
    パッションフラワーにも精神を鎮めてくれる、鎮静効果があり、神経の緊張や精神的な不安を和らげる作用があります。また不眠症を緩和する働きもあり、頭痛や高血圧、生理前のイライラ(PMS)にも効果があるとされています。
  3. カモミール&ラベンダーティー
    この二つの組み合わせはすでにおなじみですね。カモミールには筋肉の組織を和らげてくれることから、精神的な不安時の胃けいれんや腹痛にも効果があります。睡眠前のお茶として良く知られています。ラベンダーはアロマ精油としても人気のある良い香りのお花ですね。自律神経に働きかけ、精神の鎮静・鎮痛に効果があります。鬱病にもいいとされているお花です。
  4. ホップスティー
    ビールの原料に欠かせない原料として知られていますが、不眠症やストレス減少によく使用されているハーブです。GABAより効果があると言われており、また価格も安いため、人気商品です。
  5. カヴァカヴァティー
    カヴァはコショウ科の植物で、フィジー、トンガ、サモアなどの南太平洋諸国では伝統的な飲み物で嗜好品として知られています。中枢神経系統に悪影響をもたらさない筋肉弛緩剤で、痛み止めや鎮静剤として使用されています。

これらのお茶を上手に組み合わせて夏のダイエットに挑戦してみて下さい。