年末に向けての暴飲暴食をなかったことに!カレーリーフに含まれている痩せ作用とは?

bm_brunette-woman-in-lingerie_33562494カレーと言えば、あの食欲をそそう香辛料の香りですよね。カレーの香辛料としてメインで使用されているカレーリーフには、実はダイエットに良いと言われているのをご存知でしょうか。インドのアーユルヴェーダではカレーリーフには肥満や肥満からの糖尿病の生薬として古くから民間療法として摂取されてきたと言われています。

カレーリーフとは?

インド原産のミカン科の木本で、和名ではオオバゲッキツ(大葉月橘)と呼ばれており、この葉がカレーリーフと呼ばれています。このカレーリーフはインドやスリランカで必須のスパイスとして、多くの料理に使用されています。みなさんも良くご存知の独特の芳ばしい香りが人気です。

bm_variety-of-spices-on-kitchen-table_102589163

カレーリーフの効能は?

  • デトックス作用
    カレーリーフには体内の有害物質などを排出させるデトックス作用が期待できるため、内側から綺麗にすることで、健康を保つことや急激な体重の増量のリスクが低いというデータがあります。
  • 脂肪燃焼に!
    カレーリーフには悪玉コレステロールを撃退し、体内の余分な脂肪やコレステロールを燃焼されると言われています。カレーを食べるだけでは期待できませんが、カレーリーフを毎朝摂取することで痩せ体質が期待できると言われています。
  • 消化機能を高める
    アーユルヴェーダでも古くから生薬として摂取されてきたカレーリーフは下痢やむかつきなどの特効薬として使用されてきました。腸壁を守り、消化機能に働きかけて食べ物を消化しやすくしてくれます。悪阻などで苦しむ妊婦さんにもカレーリーフをとることで、つわりが改善するといわれています。

飲み会ラッシュの年末や暴飲暴食をしてしまいがちなホリデーシーズン。消化機能のヘルプや急激な肥満防止にカレーリーフを摂取してみてはいかがでしょうか。


関連商品